sam1 Spotlight on…

セピアコレクション

The Sepia Collection ]

セピアコレクション  The Sepia Collection is a privately owned “nostalgic car collection” owned by a Mr. Hideki Matsuzaki 秀樹 松崎 (pictured above) and is situated in Kurume, Fukuoka Prefecture on Kyūshū Island in south-west Japan.  Flag of Fukuoka Prefecture

Location of Fukuoka Prefecture

The collection hosts more than 120 classic cars and trucks, a large percentage of which are vintage kei-cars.  The museum is open at weekends and by special arrangement through the week to large groups from 9am-9pm.  A DVD video of the museum is available and as stocks are continually changing, a small selection of vehicles are always for sale.

Gallery ]

 

Auto Sandal: 171 173 160 (オート·サンダル)

Mr Matsuzaki owns two of the last three Auto Sandals in existence.

Cony Guppy: 80 (コ二―·グッピー )

Daihatsu Fellow Buggy: 78 48年 フェローバギー (ダイハツ·フェロー· バギー)

Daihatsu Midget: 172 36年 ミゼットバーハンドル(1人乗り) (ダイハツ·ミゼット·バー·ハンドル)

Honda LN360 Van: ラスト (本田Nll バンLN360)

Honda S600: 41年 ホンダS600オープン(AS285) 41年 ホンダS600オープン(AS285) 41年 ホンダS600オープン(AS285) 41年 ホンダS600オープン(AS285) 41年 ホンダS600オープン(AS285) 

41年 ホンダS600オープン(AS285) 41年 ホンダS600オープン(AS285) 41年 ホンダS600オープン(AS285) 41年 ホンダS600オープン(AS285) (本田S600オーペン )

Honda Step Van: ステップバン ステップバン ステップバン ステップバン ステップバン

ステップバン ステップバン ステップバン ステップバン (本田ステップ·バン )

Kurogane Baby: 162 163 (くろがね ベビー)

Mazda K360: マツダK360 マツダK360 マツダK360 マツダK360 マツダK360

マツダK360 マツダK360 マツダK360 マツダK360 (マツダK360)

Mazda R360 Coupé: 175 145 (マツダR360クーぺ)

NJ Go: 166 150 (NJ号)

Subaru 360: 82 4 43年 スバル360カスタム (スバル360 )

Suzuki Fronte Super Deluxe: フロンテ スーパーデラックス (スズキ·フロンテ·スパー·デラックス)

Suzulight L20 Pickup: 42年 スズライト(L20)ビックアップ (スズライト·ピックアップ)

Suzulight (TLA): 37年 スズライト(TLA) (スズライトTLA)

[ Various ]

151  138  164  159  138  135  128  118  117  116  115  113  112  101  103  100  97  96  88  81  79  77  74  65  63  61  58  52  51  50  47  43  22  20  13  12  

I will be visiting Japan in November 2016 and will be seeing the collection on Friday the 18th, where hopefully I will be able to make a short film and possibly have an interview with Mr. Matsuzaki.

********** (終) **********